Home PageBlog RSS feedComments RSS feed
 

お手持ちのものに毛皮マフラーはございませんか。もし、もう使わなくなってしまったのなら、ぜひ、買取を利用して売却してみてください。毛皮マフラーは、一般的なニットマフラーよりも価値が高くなります。毛皮マフラーの中にも様々な種類がありますが、高級毛皮とされているセーブルやチンチラの毛皮マフラーでしたらより、価値が高いでしょう。

毛皮の場合、品質か劣化してしまわないように定期的なお手入れをしなくてはならなかったり、保管にも注意が必要になるのをご存知でしょうか。これらを怠ってしまうと、年月が経ってしまううちに品質が低下してしまいます。そうなってしまうと、買取の際にも悪影響を及ぼしてしまいます。

毛皮マフラーは、脇や肩の部分の毛に力が加わってしまうことで、毛並みにクセがついてしまったり毛が寝てしまうこともあります。そのような場合には、専用のブラシで軽くブラッシングをしてあげるようにしましょう。その際には、金属製やナイロン製のブラシを使ってしまいますと静電気が起きてしまい、毛がもつれてしまう危険がありますので気をつけるようにしましょう。

保管をする場合には、極端な湿気や乾燥を防いだり、圧迫させないようにして、大切に保管しておくことが重要になります。

毛皮マフラーを買取を利用して売却したい場合には、ぜひ、僕らにお任せください。あなたのもとにお伺いしてスピード買取致します。

一時期下火になっていたダッフルコートですが、学生服の定番アウターの地位を守り続けているうちに、ジワジワと復権してきています。女性向けのアイテムとしてもダッフルコートが選ばれるようになって来ると、従来の地味なイメージから、様々なアレンジが施されるようになりました。

ファーを襟元や、袖口、ポケットの部分にあしらったファーダッフルコートは、そういった流れの中で人気のアイテムになっています。また、単色の物が多かったダッフルコートですが、ファーとのアレンジで色の組み合わせもされるようになっており、ホワイトのダッフルコートにベージュのファーをあしらったり、ピンクのダッフルコートにブラックのファーをあしらうなど、以前に比べてもファッション性を増しています。

もともと、地味なイメージのダッフルコートでしたが、ファーが適度なゴージャス感を加えたため、インナーのコーディネートもしやすくなっています。前述のホワイトのダッフルコートにベージュのファーをあしらったアイテムでしたら、インナーはブラックのワンピースも似合いますし、少しフェミニンにパステルブルーのカーディガンを合わせても映えます。ピンクにブラックのファーでしたら、ホワイトのカットソーと黒のスカートで存在感を出しても良いですし、ライト目のフォークロアをあわせても似合います。

毛皮の買取の査定をする際に、毛皮の保存状態の良し悪しは大切なポイントになります。当然、きれいに使うにこしたことはありませんが、汚れてしまった場合に毛皮の洗濯をして良い状態を保つことが重要です。クリーニングに出しても毛皮の洗濯をしてもらうことはできますが、あまりひどい汚れで無かったり、スポットの汚れでしたら、自宅で洗濯することもできます。

まず、毛皮の洗濯に用意するものですが、シャンプー(動物用もOK)または台所洗剤(中性)、リンス、そして、毛くずが出ないケミカルタオルです。シャンプー、リンスともに、水で1000倍に薄めます。ケミカルタオルにまず、薄めたシャンプーを浸し絞ってから、汚れたところを力を入れすぎずに拭き取ります。次に、タオルを水ですすぐか、別のタオルに薄めたリンスを浸し絞ってから同様に力を入れすぎずに拭き取ります。シャンプー、リンスともに香料が強いものだと毛皮ににおいが移ってしまうので、安くて良いのであまり香料を使っていないものがおススメです。

毛皮の洗濯が終わったら、毛皮を陰干しします。少し風にあてると毛がふわっと乾くので、エアコンの前などもオススメです。毛皮が乾いた際に毛がガサガサしているようでしたら、軽く振ってみると毛がふわっとしてきます。振ってもふわっとしないようであれば少したたくように毛皮をなでるとふわっとしてきます。

防寒用のダウンコートなどの襟の部分にうさぎの毛皮が使われていることがあります。隙間から体に冷気が入り込まない上、首元を暖かくしてくれるので、寒冷地で暮らす方にとっては大切な装備になります。

雪かきなどの作業をして、クリーニングに出そうとすると、毛皮には対応していないという理由で断られる方もいるようです。うさぎの毛皮は上手に扱えば自分でも洗うことができます。

まず、洗う前にうさぎの毛皮の部分だけをはずします(大体はずれるようになってます)。毛皮全体に言えることですが、洗う際に毛の周りの油分がすべて抜けてしまうとゴワゴワとした肌触りになってしまいます。そこでまずぬるま湯に中性洗剤(シャンプーでもOK)を入れたバケツを用意し、こすらないように優しくもみます。次に、お湯だけを入れたバケツを用意しすすぎます。すすいだあと、トリートメントを少し入れて浸すと、油分が補充されます。

洗い終わったら、軽くもむように脱水してから、日の当たらないところでうさぎの毛皮を干します。干す際には元の形になるようにして、先に毛並みを整えて置くと良い仕上がりになります。有る程度乾いたら、ドライヤーを掛けながらブラッシングするとフワフワになります。

最近、襟のないノーカラーのアイテムが人気になっています。ファーの世界でもその傾向はあって、ノーカラーファーコートも多く見られるようになりました。ノーカラーファーコートの特徴は、襟がないことで胸元がスッキリして、着ているときでもインナーが外から見える点です。ロングのカラードファーコートを着ると、インナーはほとんど主張できず、靴やメイク、耳元・指先のアクセサリーでコーディネートする必要がありました。そのため、どうしてもメイクがきつめになったり、アクセサリーが大きめになってしまうという課題もありました。

ノーカラーファーコートは、インナーが見えていることで、首元のアクセサリーやインナーの襟の部分でコーディネートすることができ、自由度が増しています。たとえば、ホワイト系のノーカラーファーコートに、ベージュやピンクのボートネックのカットソーを合わせれば、デコルテを強調しつつ、コートとインナーの組み合わせも楽しめます。また、大きめの襟のついたシャツをインナーに着て、わざと襟を立てるというコーディネートもノーカラーファーコートならではの組み合わせです。さらに、インナーの上に薄手のジャケットを合わせて、その上にノーカラーファーコートを合わせるとフォーマル感も演出できるなど、非常に使い勝手が良いアイテムです。お手軽なものにユニクロのファーコートがあります。

暖かく、カジュアルなシーンでも使えて、ファッション性に富んでいるリアルムートンコート。スタイリストのようなおしゃれな人からも人気を集めるコートの1つですよね。とは言え、リアルムートンコートは、着るたびにお手入れが必要だったり、防虫をしなくてはいけなかったりと、自宅での保管がなかなか難しいことも事実。一生ものだと思って買ったものの、ライフスタイルの変化などで、今では全く袖を通さなくなってしまった、というリアルムートンコートが家に眠っている方もいるのではないでしょうか。それでも、せっかく高いお金を出して買ったのだから、捨ててしまうのももったいないですよね。

そんなときに便利なのが、僕らが提供するネットを利用した買取専門業者です。ネットでご依頼いただければ、ご自宅へうかがい、見積もりをお出しします。インターネットからの依頼なので、手間もかからず、スピード買取が可能です。服には、その人の思い入れがたくさん詰まっています。僕らはその思いを大切に、あなたの満足価格で買取らせて頂きたいと思っています。もしご自宅に着ていないリアルムートンコートがあれば、ぜひ見積もりの依頼だけでもしてみませんか。あなたのご依頼をお待ちしています。